ポケモンGO攻略速報|POKEMON GO攻略・まとめ速報

1,297PV

01

ポケモンGO、世界初の「ポケモンマスター」が緊急来日!

6ca91df9bba102d92a0bd3aa5d513d14

  • 世界初となるポケモンマスターのニック・ジョンソンさんが8月8日に来日!エクスペディア・ジャパン本社にて行われた緊急来日会見で「ポケモンGO」攻略のコツや世界旅行でのエピソードを語ってくれた。
ニック・ジョンソンさんってどんな人?

ポケモンGOがリリースされてから、世界で一番最初にアメリカで捕まえられる全てのポケモンをゲットした先駆者!
アメリカで配信された7月6日から約2週間程でコンプリートしたそうです。
その後エクスペディアが彼のスポンサーとなり、世界旅行に旅立ちます。
02
カモネギ、ガルーラ、バリヤードの地域限定ポケモンをゲットし、
現在出現する全てのポケモンをコンプリートしました。

なぜエクスペディアが名乗り出たのか?

オンライン旅行会社、エクスペディア・ジャパン マーケティング ディレクター の木村奈津子さんは、、「ポケモンをゲットするために、今まで想定しなかった旅をするということも、エクスペディアの目指す『(旅における)ニーズの多様性』のひとつと考えたため」と話しています。

ニック・ジョンソンさんのプレイスタイル

会社勤務の為あまり時間を割いたわけではないそう。
彼が勤務するapplico社にとってもポケモンGOのプレイは利益に繋がるかもしれないとのことで
勤務先からもサポートを受けていたようです。
ジョンソンさんによると「週50時間は仕事で、仕事中はプレイするわけにもいかないから、仕事が終わったあとガールフレンドとディナーを取って、それから毎日6~8時間、歩き回ってプレイしてから帰って寝る、という生活をしていた」ということで、充実した時間の中ポケモンGOをプレイする時間を無理矢理作ったという感じではなさそうです。
「ポケモンGO」をプレイしてから体重が10ポンド(約4.5kg)も落ちたとも話しています!

世界旅行最終目的地は?

旅の最終目的地として日本を選んだジョンソンさん。
実は日本に向かう前の香港でカモネギをゲットしていたようですが
それでも日本に足を運んでくれました。
その理由はやはり、ポケモン発祥の地だからだと言います。
「『ポケモンGO』を開発しているNIANTIC はアメリカの会社であり、いまポケモンはグローバルなゲームと言えるが、多くの人々が「ポケモン」を日本発祥の(任天堂の)ゲームと認識していると思う。『ポケモンGO』はあえて言うなら、日本のゲーム」と話しています。

ポケモンマスターが今後のポケモンGOに望むこととは?

「プレイヤー同士で、さらにグローバルな一体感を感じられる機能があるといい。相互に連絡が取れるような機能があったらよいのでは。リアルの世界でプレイヤー同士が協力し合うことで、レジェンドなポケモンをゲットできるとか。あとは、ポケモンの交換ができるようになってほしいです」とのことです!

引用元:ポケモンGO、世界初の「ポケモンマスター」が緊急来日!│価格.comマガジン


移動中の飛行機の中ではFacebookやSnapchatを使って
次に向かう国のポケモンコミュニティを探していたそう。
やはり情報収集は必要不可欠で、コミュニティを活用することで
ポケモンを見つけやすくなったこともあるそうです!

「『ポケモンGO』により今後、旅行のあり方は変わるだろうか?」という質問に対しては、「イエス。『ポケモンGO』のおかげで、これまでよりも人々が積極的に旅に出たり、探検しようという気持ちになったと思う。それに、初めての国や場所でも、同じ『ポケモンGO』をプレイしている人同士のコミュニティに一体感が生まれる。いろんな人に出会って、友人もできた」
引用元:ポケモンGO、世界初の「ポケモンマスター」が緊急来日!│価格.comマガジン

とも話していました!

ポケモンはゲームソフトを世界同時発売にしたり
少し前から言語設定で選べる言葉もたくさん増えました。
日本だけでなく海外でも遊ばれており、
その国だけにブームを留まらせずグローバルにポケモンを楽しもうという思想が最近強く表れていると思います。

アローラ地方しかり、イッシュ地方やカロス地方は海外モデル地域ですし、
ジョウト、ホウエン、シンオウはもちろん、
土地柄の強いポケモンがたくさんいるので早くポケモンGOで出逢いたいですね!

  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ