ポケモンGO攻略速報|POKEMON GO攻略・まとめ速報

33,150PV
163PV
1,346PV
248PV
1,719PV
488PV
2,594PV
1,091PV
982PV
1,996PV
760PV
ポケモンGoとは
任天堂とINGRESSでおなじみのNiantic社が手を組んで開発した全く新しいスマホ向けソーシャルアプリ。

現実世界をフィールドとし、位置情報を用いることで様々なポケモンが私達の前に現れます!
見つけたポケモンはゲットしたり、交換したり、戦わせることも可能。
まさにゲームの主人公になれる夢のようなアプリです!

また、ゲームボーイ時代から大事にされてきているテーマは「画面の中で完結させない」ということ。
友達と交換したりバトルしたり、ゲーム機を持ち寄って楽しんでいたあの頃をもっと大規模に!

ポケモンGOでは実際に外に出て冒険、ポケモンを通して新しい場所に行ってみたり、様々な人と交流してみたり…。
是非、画面を覗いたままにならず冒険そのものを楽しみながらポケモンとの出会いを探しに行ってみてはどうでしょうか?

ポケモンGoPV1


ポケモンGo発表会映像


ポケモンGo概要

タイトル :ポケモンGO
対応OS :Android/iOS
ジャンル :位置ゲー(詳しくは不明)
価格 :基本プレイ無料(アイテム課金制)
サービス開始日 :2016年リリース予定
ユーザーの期待の声

2016年リリース予定のポケモンGoへの期待

2016年にリリース予定のポケモンGoは、昨年2015年の9月に発表されてからもう半年が過ぎようとしています。
今分かっている情報はPVと、3月下旬に日本国内でフィールドテストを行うことのみ。

PVだと、実際にポケモンが実体化されていますが、このゲームはVRを使用しないみたいなのでPVのようにはいかないのは少しだけ残念に思います。

それでも、捕まえたポケモンは今冬に発売されるポケットモンスターサン/ムーンに移動できるようなので、前作のXYのように3Dポリゴンで表示されるでしょう。


さて、ポケモンGoでは、実際に外に出てポケモンを捜すようですが、PVを見ているとポケモンがどこにいるのか距離で分かるみたいですね。

その時点でポケモンがどの種類のポケモンか断定できているかは分かりませんが、それが出来たら好きなポケモンのみ捜しまわることができますね。

私が最初に捕まえたいのはポッポでしょうか。
赤・緑世代の私が最初に捕まえたポケモンです。
そのポッポはピジョットに進化して、ポケモンリーグに挑戦する際もずっと手持ちに加えていました。
そのピジョットは二番目にレベル100になったポケモンです。
ちなみに最初にレベル100になったのはフシギバナです。

PVによると、ポケモンGoでもレベルが表示されているため、ポケモンを捕まえるだけでなく、実際に戦ってレベル上げもできるのでしょう。
私は赤/緑~オメガルビー/アルファサファイアまで全てやっていますが、実際に町に出てポケモンが飛び出すのはわくわくします。
あのPVを完全再現はできないでしょうが、それに近いものが完成すればいいなと思っています。

ポケモンの世界が現実に?ポケモンGOに大期待!

ポケモンGOが2016年に配信開始予定です。

ポケモンといえば、草むらや洞窟、山に海に雪国など様々な場所を冒険して そこにいるポケモンを捕まえて楽しむという収集要素も楽しいゲームです。

このたび発表されたポケモンGOでは、それが現実でも可能となるようです。

実際にはどのようなゲームになるかはまだまだ未知数ですが、 日本の各地、あるいは決まった国でしか手に入らないポケモンがいてそれを外出して手に入れたり、またそのポケモンを世界中の人と交換して楽しむことができるのではないかと考えています。

実は現在のポケモンのゲームでも国によって手に入る模様が違うポケモンがいました。
全ての柄のポケモンを手に入れるのは苦労しましたが、集めきった時にはとても達成感がありました。

このような体験を今度は全てのポケモンで行えると思うと楽しみです。


ちなみに私は初代からスピアーという蜂のポケモンが大好きで、相棒として一緒に戦ってきました。
正直あまり強いポケモンではないのですが、 新作ではメガシンカも得て癖のある面白いポケモンになってくれました。
このスピアー、そしてメガスピアーとポケモンGOを通じて実際に出会うことを期待しています。

通信ケーブルを持っている子は、ヒーローでした。

当時のポケモンは、赤、緑、青、そしてピカチュウバージョン(黄)と、 ゲームボーイでプレイするものでした。
そんな中、私は母から「目が悪くなるから」とゲームボーイを買ってもらえませんでした。
それでも、ポケモンが大好きな私は、小学3年生のクリスマスにサンタに手紙を書きました。

「ポケモンの赤が欲しいです。でも、お母さんが目が悪くなるからダメというので、スーパーゲームボーイが欲しいです。」と書いた手紙を、枕元に置いて寝ていました。

すると、朝起きたらスーパーゲームボーイとリザードンが書かれたポケモン赤のソフトが置かれていたのです!
私は、サンタはやっぱりいるのだと確信しました。


そんな私も今は一児の母です。
あと二年後にはサンタをしようと決めています。
あと二年後には、このアプリもメジャーになってるといいな
主人もポケモンが好きなので、休みの日に家族でポケモンを探しに行ったりしてみたいです。
それくらい、今から楽しみです!

たまごっちよりもポケットピカチュウが好きでした!

私が小学3年生のころに、ポケットピカチュウが発売されました。
親にねだりにねだって、発売日に買えるよう、ローソンで予約してもらいました。
6つ年上の姉は「ポケピカ」には全く興味がなく、私と母でひとつずつ買いました。
本当にポケモンが好きで、中でもピカチュウが一番好きだった私は、誰にも内緒で小学校につけていっていました。
すると、先生にばれてしまい、1週間没収されてしまいました。

頑張って歩いて貯めたワットを小刻みにプレゼントしていたので、「イイかんじ」になるまで時間がかかりました。
「うわ、ピカチュウがでっかくなった!」と母親と喜びました。
しかし、一週間もの間、先生の引き出しに入っていたピカチュウは、いなくなってしまいました。 どん底の仲になり、家出してました。
先生の目の前で思わず泣いてしまいました。
それでも、学校に持って行った私が悪いのだと頭では理解していました。
つまようじでリセットしてしまえば楽だったのですが、アイスやご飯を食べたりするピカチュウに情が湧いていたので、どうしても出来ませんでした。

なんだかんだで、外でよく遊ぶ子供だったので、無事100万歩達成する事が出来ました。

ポケモンGoはポケモンをゲットしたり交換したりできるのでしょうが、アップデートで何年か先には、ポケットピカチュウのような、お気に入りのポケモンと親密になれる機能があったらすごく嬉しいです。
ちょっとマニアックかもしれないけど……。
20代後半~30代のポケモンファンなら、きっと喜びます!

子供の頃に憧れたポケモンの世界が現実になる!

始めてポケモンのゲームがゲームボーイで発売され、毎日ゲーム機が手放せないほど夢中になり、「こんな世界があれば良いのに」と主人公を羨ましく思った子供時代。
そんな夢が大人になって叶おうとしているのです。

なんでも、スマートフォンアプリでその世界が実際のものとして体験できるというのです。
アプリを起動すればその先にポケモンが現れ、ゲームと同様ポケモンボールでゲットすることだってできるのです。
しかもゲットした後には友人とバトルをすることやトレードだってできるのです。
本当に子供のころに憧れていたポケモンの世界そのもので驚かされますね。

また、特にすごいのがイベントが行われて世界中の人々と協力プレイができることです。
幻のポケモンをゲットできたりする訳ですから、アプリから目を離すことができなくなるのではと今からドキドキしています。

大人になってまでゲームなんてと思う大人は多いと思います。
ですが、このポケモンアプリがデビューしたらすぐさまダウンロードする方はきっと多いのではと思いますね。

このページのトップヘ